Through A Big Country (The “Great Box”) (notes)
Big Country Info Big Country Info

'
 

LINER NOTES

Biography by Michinari Yamada

'79年、当時スキッズ(Skids)というバンドで活躍する1人のギタリストがいた。それがスチュアート・アダムソン。スコットランドの2大都市として知られるグラスゴーとエジンバラの間、ちょうどその中間に位置する街ダンファームラインに生まれ、70年代中半頃からはタトウー(Tatoa}なるバンドを結成して活動していた彼が、その時のメンバーで、古くからの友人だったビル・シンプソンと共に、'77年夏に結成したのがスキッズだった。そして、ビッグ・カントリーのストーリーを進めていくためには、ある意味では前身のバンドと言えると共に、若き『1のスチュアート・アダムソンが在籍したバンドでもある、このスキッズの話をしていかなけれ1まならない。
スチュアート・アダムソン(g)とビル・シンプソン(b)、それにリチャード・ジョブソン(vo) とトム・ケリノ、ン(ds)の4人からなるスキッズは、70年代後半のイギリス、とりわけスコットランドにおいては、 一世風摩したバンドだった。特にパンクス達の間では熱狂的な支持を受け、後にソロ活動を経てアーマリー・ショー(ArmaワShow)を結成したリチャード・ジョブソンはカリスマ的な存在とも言われ、創始者でサウンドの中心にあったスチュアート・ジョブソンも、多くのギター・キッズを.激した。
'77年の暮、スコットランドのインディーズ・レーベル、No Badから3曲人りEP rcharles」を発表したスキッズ。それが一部で評判を呼んだことから、これに目をつけたヴァージン・レコードと契約した彼等は、'78年9月にシングルtSweet Suburbia」でデヒュー。その後ゾーンズやXTCを行なったツアー、さらには「Wide Open EP」によって人気をあげ、'79年2月には初のアルバム『Scared To Dance』を発表 同時にリリースしたシングル「InいThe Valley」の大ヒットで、早くもその地位を決定づけた。
スキッズは当時のイギリスのマスコミの間でも大絶賛を浴び、中でもトム・ヴァーレイ
ンやスティーヴ・ハーリィから影響を受けたというリチャード・ジョブソンの歌詞とヴォーカル、レナード・コーエンやニルス・ロフグレンを気に入っていたというスチュアート・アダムソンの作曲能力とギターのジョイントは、個性的と評価され、また、あのビル・ネルソンが当時率いたビ・バップ・デラックスともよく比較された。
その後スキッズは、ビル・シンプソンとトム・ケリハンが脱退し、新たにラッセル・ウエイヴ(b) とリチャード・ベイリー(ds) が加人。'80年10月にはセカンド・アルノくムrThe Absolute Game』を発表し、これも前作と同様に好セールスをあげた。が、スキッズはこの直後から早くも内部で音楽的な意見の衝突が起こり始めていた。それはスチュアートとリチャードの間で、特に激しく行なわれ、結局スチュアートは、次のアルバム『Joy』のレコーディング途中で,スキッズから脱退することになる。しかし、スチュアート自身は、それよりも1年以上も前に、スキッズ以外のバンドで活動してみたいという思いが、実はあったという。
'79年の暮、スチュアート・アダムソンは、ある時自分と同じダンファームライン育ちの男と出会った。それが後にビッグ・カントリーのもう1人のギタリスト、ブルース・ワトソンだった。もともとカナダに生まれたという彼は、当時デリンクエンツというローカル・バンドに在籍し、造船所で働きながら活動。ビル・ネルソンのビ・バップ・デラックスのフアンだったというブルースとスチュアートとは、大いに話が盛りあがり、2人でバンドをやろうというところまでエスカレート。もちろんスチュアートは、当時はまだスキッズに在籍していたが、かけもちでやる気にまでなっていたらしい。
ところがブルースとのバンドを計画する・方で. 意外にも早くスチュアートはスキッズを脱退したため、そのバンド計画を進めることになった。 '80年の暮、ブルースとデモ・テープを制作し、それをレコード会社に売り込む・方で、新たなメンバー探しも行なったというスチュアート。そんな彼の目に止まったのが、 トニー・バトラーとマーク・ブレゼ
ジッキーだった。当時この2人は,リズム・フオー・ハイヤーというユニットで活動する一方で、あのザ・フーのピート・タウンゼントのアルバム『Empty Gias町 にも参加し、さらにトニーはプリテンダーズとのレコーディング・セッションを行なっていた。が、それ以前にはオン・ジ・エアーとバンドに在籍し、その時にはスキッズのツアーで前座もつとめていた。それが縁となって、スチュアートからの誘いを受けたというわけだ。
元スキッズのスチュアート・アダムソン(vo、9)と元デリクエンツのブルース・ワトソン(9、vo)、そして共に元オン・ジ・エアーーリズム・フオー・ハイヤーで、ドミニカ系イギリス人という黒人のトニー・バトラー(b、vo) と、ボーランド人の血をひいているマーク・ブレゼジッキー(ds}……。この4人によって、、81年に結成されたビッグ・カントリーは、まもなくライヴ活動をスタート。例のスコットランドの民族楽器であるバグ・パイプの独得な旋律を、ギターによって再現するという大胆かつ斬新なアプローチを見せつけた彼等は、早々と熱狂的な支持を得ることになる。特に当時ザ・ジャム(後にスタイル・カウンシル)のポール・ウェラーは大いに絶賛。彼はこの後、、82年に行なったザ・ジャムのファイナル・ツアーのサポート・アクトに、ビッグ・カントリーを起用し、結果的にはこれをきっかけに、彼等はフオノグラム・レコードと契約を交すこととあいなった。フオノグラムと契約後、ビッグ・カントリはロキシー・ミュージックやJAPANなども手掛けている名プロデューサー、クリス・トーマスのもとでレコーディングを開始。胃2 年9月にはデビュー・シングル「ハーヴェスト・ホーム」をリリースしたが、これは全くの不発に終わる。このデビューでの失敗は、クリス・トーマスとの作業の上での失敗も意味し、彼との作業はすぐに中断 ビッグ・カントリーは新たなプロデューサーに、当時シンプル・マインズやUZなどをr掛け、次々に成功へと導いていたスティーヴ・リリィホワイトを迎え、改めてレコーディングを再開。その上で、83年2月にリリースした「フィールズ・オブ・ファイヤー」、5月にリリースした「インナ・ビッグ・カントリ」の2枚
のシングルは、続けざまに全英でトップ10人り。さらに8月に発表したファースト・アルバム『インナ・ビッグ・カントリー(The Crossing)』は、初登場で全英10位。最終的にはトップ3 を果たすにまでいたった。その要因にはこの年の夏のレディング・ロック・フエスティバルへの出演がその1つとしてあげられ、そのライヴがアルバムと同様に素晴らしいものであることが証明された。さらに10月にはアメリカにも乗り込み, ビッグ・カントリーは、デュラン・デュランやカルチャー・クラブ、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズなどと共に将来を有望視されたのだ。
その後も 「チャンス」、「ワンダーランド」 といったヒットを放つ一方で、ビッグ・カントリーは'83年の年末に記念すべきライヴを敢行。それがスコットランドはグラスゴーのバロウランドにて、'83年12月3111から,84年1月Luにかけて行なった‘‘ニュー・イヤーズ・イヴ・ライヴりだった。ちなみにこの時の模様は、後に発表されたライヴ・ビデオ『ビッグ・カントリー・ライブ(Live in Concert~Barrowland Grasgow New Years Eve)』で見ることができるが、バグ・パイプの大行進をバックに演奏するシーンは、なかなか感動的だった。
その後、スチュアート・アダムソンとマーク・ブレゼジッキーが、スティーブ・リリィホワイトの依頼で元アバのフリーダのアルバム『Shine』のレコーディングに参加。その一方でビッグ・カントリーは、ストックホルムでレコーディングしたというセカンド・アルバム『スティールタウン(Steeltown)』を,84年10月に発表。初の全英No. 1 を獲得したこのアルバムからは、「イースト・オブ・エデン」の他、1ifラの墓標」、「ジャスト・ア・シャドウ」 といったヒットも生まれた。さらにこの年の暮には、全英ツアーのハイライトという形で、ロンドンのウェンブリィ・アリーナにおいて311間にわたる公演を行なっている。
'85年に入って、しばしバンド活動を休止する-方、マーク・ブレゼジッキーは、ミッジ・
ユーロのアルバム rGiftj の他、ウルトラヴォックスの 『U-Voxj、ニック・カーショウの rR記io Musicol町 といったアルバムに、'86年にかけてゲスト参加。ビッグ・カントリーの次なるサード・アルバム「ザ・シーア(The Seer)』は、この年の7月にようやく発表された。最大のシングル・ヒット r)レック・アウエイ」 を生んだ他、ケイト・ブッシュがゲスト参加するなど、様々な話題を提供したこのアルバムで一番の話題は,プロデューサーがシャーデーやファイン・ヤング・カニバルズなどを手がけたロビン・ミラーに交替したこと。それもスティーブ・リリィホワイトが、同時期にローリング・ストーンズの『ダーティ・ワーク』の作業にかかっていたためで、このことからアルバムの発表時期は遅れたものの、逆き好結果にむすびついた。
そんな『ザ・シーア」のリリースと時を同じくしてスタートさせたツアー終了後、ビッグ・カントI)一は再び沈黙を続けることになるが、'88年に入ると今度はジェファーソン・スターシップやノ、ートを手がけ、自らもヴィエナを率いて活動するオーストリア人プロデューサー、ピーター・ウルフと共にスタジオ入り。その上で'88年10月に発表した4作目のアルバム0ピース・イン・アワー・タイム(Peace In Our Time)』では、少なからずアメリカのマーケットを意識したアプローチを展開し、大いに注目を浴びた。
そして'90年、ビッグ・カントリーはこの年に唯一の新曲であるシングル「セイヴ・ミーJ をI)リース。ザ・ミッションやティンマシーンで知られるティム・パーマーのプロデュースからなるこの曲は、その直後に発表された初のベスト・アルバム『Through A Big Country-Greatest Hits にも収録された。彼等は現在、'91年の暮一,92年の初めのリリースを目標に、次なるアルバムの制作に入っていると言われている。

Discography / Chart Action
<Album>
1) 「The Crossing(インナ・ビッグ・カントリー)」
Sales Date:1983, 3 (UK)/1989, 9 (Japan)/Chart Action:No. 3
Producer:Steve Lillywhite/Chris Thomas/Recording:The Manor, RAK Studio (UK)
2) 「Steeltown(ステイールタウン)」
Sales Date:1984, 10 (UK)/1984, 11 (Japan)/Chart Action:No. 1
Producer:Steve Lillywhite/Recording:Polar Studio (Stockholm), RAK Studio (UK)
3) 「The Seer(ザ・シーア)」
Sales Date:1986, 7 (UK/Japan)/Chart Action:No. 5
Producer:Robin Millar/Recording:The Power Plant, RAK Studio (UK)
4) 「Peace In Our Time(ピース・イン・アワー・タイム)」
Sales Date:1988, 9 (UK)/1988, 10 (Japan)/Chart Action:No. 7
Producer:Peter Wolf/Big Country
5) 「Through A Big Country一Greatest Hits(刃トス.ア・ビツク功ントリー.グレイテストヒツト)」
Sales s Date:1990, 5 (UK)/Chart Action: No. 2

<Single>
1) 「Harvest Home(ハーヴェスト・ホーム)」
Saless Date:1982, 9/Chart Action:No.- /Producer:Chris Thomas
2) 「Fields Of Fire (7ィールズ・オブ・7アイアー)」
Sales Date:1983, 2/Chart Action:No. 10/Producer:Steve Lillywhite
3) 「In A Big Country(インナ・ビツグ・カントリー)」
Sales Date:1983, 5/Chart Action:No. 17/Producer :Steve Lillywhite
4) 「Chance(チャンス)」
Sales Date:1983, 8/Chart Action:No. 9/Producer :Steve Lillywhite
5) 「Wonderland ('7ンダーランド)」
Sales Date:1983, 12/Chart Action:No. 8/Producer:Steve Lillywhite
6) 「East Of Eden(イースト・オブ・Iデン)」
Sales Date:1984, 9/Chart Action:No. 17/Producer:Steve Lillywhite
7) 「Where The Rose Is Sown(ノてラの基標)」
Sales Date:1984, 11/Chart Action:No. 29/Producer:Steve Lillywhite
8) 「Just A Shadow(ジャスト・ア・シャドウ)」
Sales Date:1985, 1/Chart Action:No. 24/Producer:Steve Lillywhite
9) 「Look Away(ルツク・アウェイ)」
Sales Date:1986, 4/Chart Action:No. 6/Producer:Robin Millar
10) 「The Teacher(ティーチャー)」
Sales Date:1986, 6/Chart Action:No. 20/Producer:Robin Millar
11) 「One Great Thing(ワン・グレイト・シング)」
Sales Date:1986, 9/Chart Action:No. 13/Producer:Robin Millar
12) 「HoId The Heart(ホールド・ザ・ハート)」
Sales Date:1986, 11/Chart Action:No. 29/Producer:Robin Millar
13) 「King Of Emotion(キング・オブ・エモーション)」
Sales Date:1988, 8/Chart Action:No. 13/Producer:Peter Wolf
14) 「Broken Heart--Thirteen Valleys(ブロークン・ハート)」
Sales Date:1988, 10/Chart Action:No. 45/Producer:Peter Wolf
15) 「Save Me(セイヴ・ミー)」
Sales Date:1990, 4/Chart Action:No. 44/Producer:Tim Palmer
(※チャートのランクは全て英NME誌を参考〕
<Video>
rLive In Concert~Barrowland Grasgow New Years Eve
(ビッグ・カントリーライヴ)』1985
rThe Seer~Live In New York(ライヴ・イン・ニユーョーク)』1986
rBig Country In Concert'~Peace In Our Time(ライヴ88)j 1989

by 山田道成

情景を描きだすかのようなそのギターに、これもまた大地を揺がすような強力なリズム・セクション。そのジョイントによって生みだされた立体的とさえ言えるビッグ・カントリーのサウンドは、最初に耳にした誰もがとてつもない衝撃を覚えたのである。
すでにビッグ・カントリーは、'82年にデビューして以来、現在までに『インナ・ビッグ・カントリー』、『スティールタウン』、『ザ・シーア」、『ピース・イン・アワー・タイム』という4枚のオリジナル・アルバムに、日本では未発売のベスト・アルバムrThrough A Big Country一 Greatest Hitsりの、計5作を発表している。その間にはスティーヴ・リリィホワイトやロビン・ミラー、あるいはピーター・ウルフといった有能なプロデューサーに過り合い、彼等との作業によってそのたびに自らの音楽のスケールを拡大し、同時にスコットランドからイギリス国内、さらにはョーロッパからアメリカへと、その知名度も確実に広げていった。
時の流れと共に貫禄を増し、不動の地位さえも手に入れたビッグ・カントリー。しかし、彼等がそのたびに提示したものは、音楽性にせよ、その方向性にせよ、つねにそこには-貫したものがあった。確かにアルバムをだすたびに、彼等はいくつかの実験を試みてはいたが、それも決して変化のためのものではなく、成長するための実験でしかなかった。それは「ビッグ・カントリーの曲のアイデアは、昔僕自身がスコットランドで体験したことが大半なんだ。その上で自分を素直に表現した音楽、つまり自由奔放にロックン・ロールすることをこころがけているんだよ」というスチュアート自身の言葉からもわかる。
ある日、U2のボノが「ニューョークやロンドンといったメトロボリスの外側の部市から出現したという点で、U2とビッグ・カントリーは共にアウトサイダー的なバンドと言える」というビッグ・カントリーに対するコメントを口にしたことがあった。まさにそれは事実であり、自らの生まれ育った上地の伝統や魂を重んじている点では、アイルランドのU2、スコットランドのビッグ・カントリーという士地の違いはあっても、あらゆる面
で似たものを感じてならない。
そんなボノが、それと同時に「U2のエッジと共に. 新しい時代のギタリストと言えるのは彼だけだ」と絶賛したスチュアート・アダムソンを中心とするビッグ・カントリーは、過去10年間がそうであったのと同様、今後も周囲の状況や流行がどんなに変化しようと、その根底にあるものは全く不変のままであるに違いない。そこに偉大さというものも感じ
てしまうと言えるのである。
それではここで、今回のボックス・セットに隈り、「インナ・ビッグ・カントリー』、『スティールタウン』、『ザ・シーア』、「ピース・イン・アワー・タイム』のオリジナル・アルバム4作に収録した、ボーナス・トラックについて各々説明しておこう。
『インナ・ビッグ・カントリー」
A) 「インナ・ビッグ・カントリー(12")j
B) rフィールズ・オブ・フアイヤー(12")j
C) rチャンス(12")j
D) 「ザ・クロッシング」
衝撃的な1枚と言える,83年に発表されたファースト・アルバム。ここに追加収録したのは、当時12インチ・シングルとしてリリースされた、A), B), C)の3曲のエクステンデッド・ヴァージョンと、ビッグ・カントリーにとってはサード・シングルとなった A) のB 面に収録されていた D) '3曲のエクステンデッド・ヴァージョンに関しては、当時のプロデューサー、スティーヴ・リリィホワイトが,そのスタジオ・テクニックを駆使した秀作と言える。特に B) は、現在においても最もビッグ・カントリーらしさが十分に発揮された 1曲だ。また D) については、フアースト・アルバムの原題をそのままタイトルにしたものでありながら、アルバムには未収録だったといういわくつきの曲である。
『スティールタウン』

A) 「ワンダーランド(Extended) j
B) 「イースト・オブ・エデン(Extended) j
C) 「アングル・パーク」
D) 「オール・フォール・トウゲザー」
ビッグ・カントリーの初の全英No.1獲得作品となった「スティールタウン」に追加収録したのは、'83年12月にシングルのみでリリースされた A) の12インチ・シングル用エクステンデッド・ヴァージョン.それに「スティールタウン』からのパイロット・シングルとなった B) のエクステンデッド・ヴァージョン、それにアルバム未収録曲である C) とD)。B) はビッグ・カントリーの数ある作品の中でも、特に過激なヴァージョンとして有名だ。また C) はシングル「フィールズ・オブ・フアイヤー」、D) は「ワンダーランド」の各B面に収録されていたものである。
『ザ・シーア」
A) 「トラックス・オブ・マイ・ティアーズ(Live) j
B) rロスト・パトロール(Live) j
C) rワンダーランド(Live) j
D) 「サウザンド・ヤード・ステア(Live) j
E) rルック・アウエイ(12" Mix) j
ここにはライヴ・テイクをメインに収録。まず A) は「チャンス」のB面に収録されていたもので、録音場所は不明だが、'83年の演奏。B) はライヴ・ビデオ「ビッグ・カントリー・ライヴ」にもなった冒3年12月31日、スコットランドはグラスゴーのバロウランドで行なわれた"New Years Eve Live'の中の1曲だ。また、C) @と D) は最新シングル「セイヴ・ミー」のB面に収録され、ライヴ・ビデオ『ライヴ,88』でも抜露された'88年10月1日,ソ達、モスクワのパレス・オブ・スボーツでのライヴである。ビッグ・カントリーの本領と言える
ライヴ演奏も、年を追うごとにクォリティーが高まっていることが理解できる。そしてE) 。
これは『ザ・シーア』に先がけてリリースされた同曲のロインチ・シングル用ミックス。ロ
ビン・ミラーの手によって、彼等の新たな一面が浮きぽりにされている1曲だ。
「ピース・イン・アワ・タイム』
A) 「セイヴ・ミー」
B) 「ブラック・スキンド・ブルー・アイド・ボーイズ」
C) 「プレイリー・ローズ」
D) 「ハート・アンド・ソウル」
I作目となる「ピース・イン・アワー・タイム」には、最新であるベスト・アルバム Throug A Big Country』が、日本では未発売になっていることもあり、それをおぎなうた
めの迫加選曲を行なった。A) はそのベスト・アルバムに収録されてはいるものの、本来はシングル('90年I月、全英でリリース)のみで発表されたことから、現在日本では耳にしにくい存在となっている。
ザ・ミッションやティン・マシーンの作品を手掛けるティム・パーマーのプロデュースでもあることから、これまで以上にノ、ードなアプローチを繰り広げていることに注目した
い。B) と C) に関しては、共にビック・カントリーでは珍しいカヴァー・ソングであることを理由に選曲。B) はギアナ生まれのスター、エディ・グラントがまだ10代の頃に参加していたイコールズ時代、70年代到来直前に放った大ヒット曲で、一方「イースト・オブ・エデン」のB IFHに収録されていた C) は,ロキシー・ミュージックが'74年に発表したアルバム『カントリー・ライフ』の中のI曲として有名だ。
そして D) は、最も初期の作品で、シングル「ハーヴェストホーム」のB面に収録。このプロデュースは、何とロキシー・ミュージックを手掛けたクリス・トーマスが担当している。
- 1991年3月18日、山田道成―